純正交換ブレーキディスク

static1.squarespace.com

純正品に求められる品質と仕上げにおいて設計され、厳格な世界基準であるISO9000認証工場で生産されるロートラ純正交換用ブレーキディスクは、すべての自動車メーカーの仕様に準じる、またはその性能を超える仕様となっております。ロートラ純正交換用ブレーキディスクは、度重なる高負荷、高速域、高温下でのブレーキングを起因とする、ディスク面のクラック、ローターのゆがみを極力抑えるよう設計されています。錆を抑え、ディスクの摩耗を低減するZINC加工を施した層を加えた、ロートラ純正交換用ブレーキディスクは高い制動性能と、耐久性を保証致します。より大きな制動力を引き出すため、ディスク両面のスリット、またはドリル加工をオプションでお選び頂けます。

・ディスクの振動を極限まで抑える、ミル単位でのバランス調整
・パッドとディスクのコンタクトを確かなものにする制動面の仕上げと厚みの均一化
・正確な作動を約束する徹底した生産誤差の低減

ベーシックOEMディスク: 品質、仕上げに関して純正同等の基準にて開発。通常の街乗りメインのユーザーに最適。

スリット・ディスク: 弓形のスリットパターンでパッドの摩擦力とペダルフィールを向上。スリットがパッドとディスクの間に挟まったブレーキダストを掻き出し、熱とガスの排出を積極的に行い、ブレーキのフェードを抑えます。よりハードな状況での使用(SUVなど)に最適。

ドリル&スリット・ディスク: 弓なりに並んだ穴がパッドのバイト感を向上させ、スリットがパッドとディスクの間に挟まったブレーキダストを掻き出し、最大限に熱とガスの排出を行います。ブレーキの鳴きを抑えつつ、より大きなストッピングパワーを生み出します。ストリート、スポーツ走行などに最適。

純正交換ブレーキパッド

static1.squarespace.com

ロートラではセラミック材、セラ・メタ材、そして最新のカーボン・メタル材を使用したブレーキパッドをストリートから競技まで用途に応じてラインナップしています。純正交換パッドには、高い摩擦係数と高温度でのフェードに対し素早いリカバリー性能を備え、より安定したペダルフィールを提供するノンアスベスト材を強化したセラミック・カーボンを多く採用。ロートラでは純正キャリパー用パッドの生産においても、ハイパフォーマンス・ブレーキシステム用パッドと同じ規格の素材、製造工程、品質管理方法を用い、ストリートからサーキットまで、ハードなブレーキング・シチュエーションに対応する商品づくりをしています。また、すべての面においてコントロール性と信頼性に優れた摩材を提供するため、継続的な研究開発を行っています。

PAD TYPE: H2
コンパウンド: セラミック
用途: ストリート~ワインディング
作動温度域: 0-500 C/0-932 F
摩擦係数: 0.25-0.50

H2セラミックパッドは、耐フェード性に優れ、かっちりした効きと高いコントロール性を持ち、多様な状況下で性能を発揮する理想的なパッドです。週末のサーキット走行会、ドリフト練習から日々の街乗りまで、ドライビングスタイル、コースの距離、状態を問わず様々な状況に対応するパッドです。

PAD TYPE: H6
コンパウンド: ハイ・セラミック
用途: ワインディング~サーキット走行
作動温度域: 200-660 C/392-1220 F
摩擦係数: 0.44-0.55

より多くのセラミック材を配合したH6ハイ・セラミック・パッドは、初期制動に優れ、高温域において高い制動力を発揮します。タイプH6は安定した摩擦係数と、しっかりとしたペダルフィールを維持し、ペダルフィールの変化が少ないので、サーキット走行やワインディングロードでの走行に最適です。

PAD TYPE: H8
コンパウンド: セラミック・メタル
用途: 競技用(耐久)
作動温度域: 300-800 C/572-1472 F
摩擦係数: 0.50-0.62

H8セラ・メタ・パッドは、高温時の熱安定性と対フェード性に非常に優れた、競技用のパッドです。高い摩擦係数を持つH8は、パッドの使い始めからすぐに究極のストッピングパワーを発揮し、ペダルからの入力に対するレスポンスも良く、コントロール性に優れています。イニシャル・バイトも強く、摩擦レベルも安定しており、耐久レースなど競技用として理想的なパッドです。

PAD TYPE: H9
コンパウンド: カーボン・メタル
用途: 競技用(スプリント)
作動温度域: 300-800 C/572-1472 F
摩擦係数: 0.40-0.55

ロートラ最新のコンパウンドがH9です。耐摩耗性にすぐれたカーボン・メタル材を使用したこちらのパッドは競技専用品として設計されております。一般走行には適しておりません。

ステンレス・メッシュ・ブレーキライン

static1.squarespace.com

ロートラ・ステンレス・スチール・ブレーキラインはアメリカの陸運局にあたるDOT、及びFMVSS106の基準を満たす、または凌駕する品質にて生産されています。 ブレーキが高温となる状況下においては、ブレーキフルードも高温、高圧になりますが、そのような状況でも、純正品のラバーホースと違い、ステンレス・メッシュホースは膨張することが無いので、常に一定のブレーキオイルの圧力を保つことが可能です。 これにより、正確なブレーキ・コントロールが可能となり、常にしっかりとしたペダルフィールを保つことができます。

ロートラ・ブレーキラインはブレーキフルードの通るインナーチューブにPTFE(テフロン)を使用しており、ステンレス材を織り込んだメッシュの層が外側をカバーしています。PTFEチューブは高圧下においても耐膨張性能が高く、ブレーキフルードの膨張により劣化することがありません。衝撃や摩耗に強いメッシュ状のステンレス材がインナーチューブを外側から支え、不慮のアクシデントによるブレーキホースの破損を防ぎます。すべてのホースは耐摩耗性能に優れたPVCコーティングを施し、テンション・リリーフ機構がエンドフィッティングを補強しています。

すべてのロートラ・ブレーキラインは工場内で3500PSIの圧力テストを行ってから出荷しています。 フィッティングはすべて適切な装着と十分な耐久性を持つよう設計されています。すべてのキットにはフィッティング、ホースと必要なすべての付属品が含まれています。